石川真理子HP
シンガーソングライター・石川真理子のブログサイト『MARI★COLLE(マリコレ)』へようこそ!日記やライブレポートやライブ情報を掲載しています!(携帯からも閲覧可能です)

石川真理子
オフィシャルサイト
【Songs of Truth】
http://marikoishikawa.com/


3rdアルバム「スモールバード」
2ndアルバム「逆光」
1stアルバム「Let It Be」
Amazonにて
ダウンロード販売中!




MAIL info@marikoishikawa.com

※2010年4月に出産!
ただいま育児に奮闘中♪
カテゴリ
タグ
最新のコメント
>水戸のお父さん! ..
by marikoishikawa at 18:55
みーちゃんももう幼稚園卒..
by 水戸のお父さん! at 21:50
>水戸のお父さん! ..
by marikoishikawa at 23:24
この前は勘違いしてしまっ..
by 水戸のお父さん! at 22:22
>水戸のお父さん! ..
by marikoishikawa at 23:51
みーちゃん卒園おめでとう..
by 水戸のお父さん! at 23:36
>へのへのもへじ さん ..
by marikoishikawa at 18:37
>mi2aさん み..
by marikoishikawa at 11:01
きゃ~!なにこの可愛さは..
by mi2a at 17:42
>へのへのもへじ さん ..
by marikoishikawa at 20:08
ブログパーツ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2002年 04月
2002年 03月
2002年 02月
2002年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 06月
2001年 05月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:DIARY-美術館博物館( 14 )
目黒雅叙園の百段雛祭り
ばあばにわざわざ静岡から上京してもらって
ウェディングパーティー出席の為に一日子守を頼んだので
その御礼ということで東京観光へ。
b0061384_1582847.jpg

目黒雅叙園の「百段雛まつり」という展覧会を開催中だったので
ランチも兼ねて行ってみることに。
b0061384_16275849.jpg

美術館めぐりなどアートブームな自分も
雅叙園の豪華絢爛な内装を一度見てみたかったのですごく楽しみに♪
b0061384_151092.jpg

来ている人達も着物姿の方々が結構いたなあ。
b0061384_15105395.jpg

雅叙園名物の百段階段を上っていくと
途中途中に部屋があって
そこに時代物から現代物までさまざまなお雛様が飾られている。

お雛様も素晴らしかったけど
お部屋自体も花鳥画、美人画、彫刻、螺鈿細工などが
襖や天井や床柱やらに描かれていて
見どころばかりで圧巻!
感動しっぱなし~!
b0061384_15221052.jpg

予約しておいた渡風亭にてランチ。
b0061384_15224646.jpg

相席にて中庭が見えるお席へ。
b0061384_1522546.jpg

こちらのお部屋も鳥と蝶がテーマで豪華な内装!
b0061384_1524442.jpg

b0061384_15262463.jpg

炙り寿司と稲庭蕎麦のランチ♪
b0061384_15273134.jpg

b0061384_15294266.jpg

デザートは粟のぜんざい♪
b0061384_1528024.jpg

豪華絢爛なお部屋で頂くお食事、
なんて贅沢ー♪
b0061384_15311694.jpg

中庭も探索。
裏見の滝になっててなかなかの迫力!
b0061384_15345684.jpg

実は一番行ってみたいと思ってた
豪華で有名な名物トイレ!
案の定長蛇の列(笑)
b0061384_1641147.jpg

随所に美術品が目白押し。
エレベーターも黒塗りで螺鈿細工が凄かったなあ~!

美味しい珈琲が飲みたいっ
というばあばのリクエストに応えて
権之助坂にあるイトウヤ(itoya)へ。

昔懐かしい感じの喫茶店で
お客さんは年配の方々ばかり。
これならばあばも落ち着いて
珈琲とケーキを頂けるというもの。
b0061384_1683738.jpg

以前から知っていて気になってたけど
やっと入れた雅叙園とイトウヤ。

みーちゃんの延長保育のお迎えにも間に合って
充実の目黒ツアーだったなあ♪
[PR]
by marikoishikawa | 2015-03-07 16:18 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
武蔵野市立吉祥寺美術館にぐるっとパスで行ってきた
b0061384_22514463.jpg

井の頭自然文化園の帰りに
伊勢丹跡地に出来たコピスにキッズスペースがあるというので立ち寄ってみたら
偶然、武蔵野市立吉祥寺美術館を発見!

名前が立派なので吉祥寺の郊外にでもでーんとあるのかしらと思っていただけにノーマークで
え!?こんなショッピングセンターの中にあるの!?とびっくり!

早速ささっと見学。
版画の展示が中心。
これまで見た美術館には版画はなかったので新鮮。
展示数はそんなにないので
あっという間に終了。
ショッピングの合間に気分転換できて
いい感じのボリューム。

コピスのキッズスペースで遊ぶみーちゃん。
幼稚園児以下向けとはいえ
ロッククライミングもあって力いっぱい遊べたー!

大人も子どもも気分転換が出来て満足~♪
b0061384_912765.jpg

[PR]
by marikoishikawa | 2014-08-01 13:58 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
国立科学博物館にぐるっとパスで行ってきた
b0061384_10432767.jpg

上野公園の中にある国立科学博物館
b0061384_1047337.jpg

まず入ってすぐに「シアター36○」という映像が見られる施設へ。
プラネタリウムみたいな形の天井が丸くなっている部屋の中央の
橋みたいな部分に立って鑑賞するのだけど、
恐竜が森や草原を走っていく映像なんかが映し出されると
ジュラシックパークの映画の中に入り込んだような感じの迫力で感動!
これは来た甲斐があったわー。
b0061384_10434447.jpg

大人目線ですごく気になったのは、田中久重の万年時計。
和時計・洋時計・カレンダーなどが6面についていて
からくりと七宝や蒔絵や彫金などの技術がつまった一品で、
ペリーが来航する前にすでにこういう高度な技術があったというのが驚き。
b0061384_10441184.jpg

お約束の恐竜の化石は期待を裏切らない。これぞ博物館に来たー!って感じ。
b0061384_10442015.jpg

フタバスズキリュウ!
b0061384_104539.jpg

地球館と日本館とに分かれていて
日本館の建物は重要文化財でレトロでこちらも落ち着くー。
b0061384_10453058.jpg

全体的にコレクションが豊富という印象。
そしてイスも豊富で親が疲れないような親切設計(笑)。

九段下の科学技術館は小学校低学年でも楽しめそうだったけど、
こちらは高学年~大人向けかな。
b0061384_10454459.jpg

映画の「ナイトミュージアム」なんか見た後に行ったら
ほんとばっちりハマリそう~♪
b0061384_10453367.jpg

[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-31 19:44 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
井の頭自然文化園にぐるっとパスで行ってきた
b0061384_2215227.jpg

井の頭自然文化園という名だったので
なんとなく植物園的なイメージで
動物がいてもリスぐらいしかいないのかなあとノーマークだったのだけど
よくよく調べてみたらちゃんと象もペンギンもいる動物園じゃないの~!
というわけで、吉祥寺も渋谷から急行なら時間的にわりとすぐなので
またもや母娘二人で行ってみることに。
b0061384_2223229.jpg

モルモットを触れるコーナー。
飼育員さんがみーちゃんの膝にのせようとしてくれたところ
モルちゃんがちょっと動いたのにびっくりして「キャーっ!と叫んでしまったら
モルちゃんも「ピィーっ!」といって叫んだ(笑)
しかしモルモットの鳴き声って初めて聞いたわー。
仕方ないのでおかーさんの膝の上にのせて、おそるおそるなでなで。
b0061384_2225067.jpg

ちゃんとペンギンもいた。片隅に3羽。
b0061384_223670.jpg

ヤギさんブタさんコーナー。
飼育員さんが出てきた途端に目を光らせ寄ってくるみなさん。
そろそろごはんタイムみたいよ。
b0061384_2232339.jpg

ちゃんとゾウさんもいた!と思ったら花子さん!!!
b0061384_2233836.jpg

現在67歳。長い鼻でホースで遊んだりしてておちゃめ。
b0061384_2235054.jpg

そして遊園地まである。
小規模ながらもメリーゴーウンドもあり、、、
b0061384_224517.jpg

新幹線にいたっては先頭車両に乗って3週もできる!
b0061384_2243358.jpg

貸切状態♪
b0061384_2244639.jpg

彫刻館もあったり
b0061384_225011.jpg

資料館では靴を脱いでくつろげる図書コーナーもあったり
遊んで学べる展示もあったりで、ちょっとした児童館みたい。
しかも涼しいのでついついのんびり~。
この時期の冷房スペース、ありがたい~。汗がすうーっと引いていく。
b0061384_2251326.jpg

ぶらんこ広場は遊具がたくさんあって
ここでもはりきって駆け回るみーちゃん。まだまだ元気!
b0061384_2252426.jpg

本園でたっぷり時間を過ごした後は分園の方へ。
涼しげなおさかなコーナーや水鳥たちを見物して終了~!

見たところ小さい動物園だなーぐらいにしか思っていなかったのだけど、
動物園・遊園地・彫刻館・資料館・公園、の機能がコンパクトにつまっていて
充実していてびっくり!
しかも広すぎないのでおかーさんも疲れずに回ることができたし
みーちゃんも飽きずに次から次へいろんなことを楽しめたし
親子でワクワクのんびりできたなー♪
b0061384_229598.jpg

[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-30 18:59 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
国立近代美術館と工芸館と科学技術館にぐるっとパスで行ってきた
皇居のほとりにある、国立近代美術館と工芸館と科学技術館を
一気にめぐってみる。
b0061384_9545011.jpg

国立近代美術館は
写真あり、日本画あり、彫刻あり、映像作品ありで、かなりのボリューム。
特に日本画は大きな作品が大きな広間に飾れていて贅沢で迫力。
b0061384_955282.jpg

荻原守衛の「女」や高村光太郎の「手」など、ブロンズ像も多数。
彫刻ってひねりの動きの表現が重要なんだとか。
高村光太郎って詩人のイメージだったけど彫刻家でもあったのね。

岡本太郎の絵の前で、美術館にはめずらしく話し声がにぎやか~と思ったら
「KIDS★MOMAT2014・おやこでトーク」という子ども向け鑑賞プログラムで
ちっちゃな子どもたちが体育座りで鑑賞中。
スタッフの人の「これは何に見えるー?」といった問いかけに
元気に答えているのがかわゆい♪
後から調べたら抽選みたいなんだけど、こういうのもあるのねー。
美術館て幼稚園児にはハードル高かったけど
こういうイベントならみーちゃんを連れてくるのもいいかも。
b0061384_9552326.jpg

工芸館の建物は重要文化財でレトロな雰囲気。
一度入ってみたかった建物なのでワクワク。
そして「もようわくわく」という企画展中。
b0061384_955399.jpg

蒔絵や陶磁器などに加えて、着物が豊富だったのでなにげに楽しめた。
b0061384_9563296.jpg

科学技術館は子ども向けのハコモノ。
外観の壁は☆がいっぱい。

5フロアもあって体験型の展示やワークショップなんかもあるので
理科・科学が楽しくお勉強できる、小学生向きって感じ。
イスや休憩所も豊富なので、まさに夏休みの一日におすすめ。
b0061384_9573826.jpg

ワクエコ・モーターランドではバイクのシュミレーターがあって
すごくやってみたかったけどひとりでは恥ずかしいからパス。。。(笑)
スケルトンになっていて車の動く仕組みが分かるという大掛かりな展示もあったり
トラックでの運転シュミレーターもあったりで
ちょっとしたゲームセンターみたい。

今後に向けての子連れおでかけポイントの下見が出来たかなといった感じで満足満足。
[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-29 08:21 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
相田みつを美術館とアクセサリーミュージアムにぐるっとパスで行ってきた
b0061384_7524196.jpg

東京国際フォーラムの中にある、相田みつを美術館。
場所柄もあり大人気で人がいっぱい。
b0061384_7551125.jpg

相田みつをが短歌をつくっていたというのを今回はじめて知る。
記念撮影コーナーなんかもあって親切。
b0061384_7525492.jpg

「逢」っていう字、
背を向けている人はいつ出逢えるのかなあ。
b0061384_7544368.jpg

別日に、祐天寺にあるアクセサリーミュージアムへ。

1920年代頃からの品がファッションと共に年代順に並べられていて、
その年代の空気が伝わってきて、映画を見ているみたい。
古いモノクロ映画をみたくなってしまった。

シャネルやディオールのアクセサリーなんかもあって、
若き日のシャネルの作ったブローチがきらびやか。
そういえばまだシャネルの映画、見てなかったなあ。

企画展のエッグアートの豪華さにもびっくり。
卵の殻でこんなに上品なものが作れるのねー。

住宅地の一角にあって一見普通の家かマンションかと思いきや、
内容の濃い品々の展示に驚き!
b0061384_7535815.jpg

都会の中の美術館、住宅地の中の美術館、
どちらも一歩入れば非日常の空間。
[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-26 17:32 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
五島美術館と世田谷文学館にぐるっとパスで行ってきた
b0061384_7571163.jpg

ずいぶん前に行ったことのあった五島美術館
確か源氏物語絵巻を見に行った記憶が。
しかし記憶の彼方に埋もれてしまっているくらい昔のことなので
今回また行ってみることに。

入ってすぐに大きな愛染明王の像が。
迫力でその眼力に吸い込まれ、しばし動けず。。。

紫色の紙に金字で書かれた奈良時代のお経が美しかった。
聖武天皇や藤原道長 の書と伝わっている書もあったりで
奈良・平安時代が好きな身としてはひそやかに興奮しながら眺めてみたり。
b0061384_7582153.jpg


ここはお庭が広くて美しい。
蒸し暑いけどいいお天気だったので散策。
b0061384_7573484.jpg

b0061384_7595345.jpg
紫陽花もまだ咲いていて。。。

b0061384_7584359.jpg
開発の進む二子玉川を臨みながらの古風な空間。
b0061384_7584979.jpg

蚊に刺されまくったけど(笑)
しばし鎌倉にでも来たかのような静かなひとときに。
b0061384_7583480.jpg

そしてバイクで環八を北上して世田谷文学館へ。
b0061384_814419.jpg

宇野千代、寺山修司、芥川龍之介、正岡子規などにまつわる展示が。

やっぱり女流作家の一生にやっぱり興味をそそられる。
あー、女流文学をかたっぱしから読みたい!という衝動にかられてくる。
子育て一年目くらいはあかちゃんをお昼寝させながら本を読めていたけれど、
子どもが行動的になるにつれ断念。しばらく活字から遠ざかっていたなあ。
b0061384_823855.jpg

文字に触れ、紙に触れた一日。
[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-25 18:13 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
三井記念美術館とブリヂストン美術館にぐるっとパスで行ってきた
b0061384_21325316.jpg

平日のお昼過ぎに行ってみた三井記念美術館
日本橋界隈とあって激混みで、一つ一つの作品を見るのも列に並んでの流れ作業。
まるで上野動物園のパンダ状態。。。
まあ普通、美術館てこうだよなあー、と新鮮な気持ちでじりじり並んでみる。
b0061384_21331385.jpg

人も多いのでざわざわと和やかな雰囲気の中、
感想をつぶやく声も微笑ましく聞かれ、
時には熱中し過ぎてガラス越しにゴンっっと頭をぶつけながら鑑賞して
笑いを誘っている人もいたりして。
和気あいあいって感じ。

白山松哉の「日月烏鷺図蒔絵額」を生で見られて感激♪
鷺の羽の質感といい、気の遠くなるような一品。
ものづくりには時間と根気が必要、とあらためて実感。。。

中央通りを日本橋を越えつつ少し歩くとブリヂストン美術館に到着。

ロダンの「考える人」、こちらも生で見られて感激ー!
でも、ちっちゃー!?
て思ったら、「考える人」っていっぱいあるのねー。
ほかにも彫刻多数。
「風の中のベートーベン」が良かった!

そして、ルノワール、モネ、ゴッホ、ピカソなどなどで見ごたえあり!
松岡美術館に続き、有名どころがたっぷり見られて満足感いっぱい♪
b0061384_2134470.jpg

企画展の「チャイナドレスの女」では油彩画のほかに
当時のチャイナドレスも飾ってあったりして
それらを見ていると「蘇州夜曲」のメロディーが
頭の中を駆けめぐってきたりして。

どちらの美術館も作品がたっぷりあり過ぎて時間的に余裕がなく、
少々流し気味で鑑賞。
いつの日かまたもう一度じっくり行ってみたいなあ。
ゆっくりランチやお茶なんかしながら。
[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-24 21:41 | DIARY-美術館博物館 | Comments(2)
東京都現代美術館とリスーピアにぐるっとパスで行ってきた
東京ゲートブリッジを通って
バイクで平和島を抜けて臨海トンネル経由でお台場方面へ。
が、しかし、ダンプに囲まれていると標識が見えず、
そのまま直進してしまい東京ゲートブリッジを通ることに。。。

方向的には合っているのでそんな遠回りでもなくまあいいやと思いつつ
バイクでは初めて通るのでワクワクドキドキ!
だんだんと道が上昇していくのでジェットコースター気分。
てっぺん部分では風と景色が最高で気持ちいいー!
でもこれ風が強い日は完璧アウトだなあー。
たぶんハンドルとられてブレブレ。。。(怖)
b0061384_8231832.jpg
スリリングなゲートブリッジを抜けて、木場公園の中にある東京都現代美術館へ。
b0061384_8222041.jpg
かっこいい現代的な建物の外観にまず感動!
b0061384_818276.jpg

「開館20周年記念MOTコレクション特別企画」クロニクル1995-

ということで、開館した年1995年に焦点を当てた企画。

1995年は、世間的には阪神大震災やオウム事件やWindows95発売があり、
個人的には専門学校を卒業して学生という身分から社会に出たという
いろんな意味で激動の、振り返るととても感慨深い年。

写真や絵やさまざまな作品をみていると
1995という符号があらためて浮き上がってきて、
歴史のうねりの中で生きてきた自分の人生を感じてしまった。
心にずしんと響き考えさせられる、そんな企画展。
b0061384_819031.jpg

そしてお台場の国際展示場近くのリスーピアへ。
以前から気になっていた施設だったのでどんなものか偵察~。
理科や数学を分かりやすく体験できる未来的なスポット。
子どもたちがいっぱい~。
みーちゃんが大きくなったら一緒に来るといいかもなあ~といった感じ。

バイクで、美術館で、お台場で、ひとりの時間をじっくり満喫できたなあ~。
[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-22 08:23 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)
戸栗美術館と郷さくら美術館にぐるっとパスで行ってきた
b0061384_21405262.jpg

渋谷や原宿に行く時に
雰囲気のある松濤を自転車やバイクで通ると、そこにあるのが戸栗美術館
気になっていたのでこちらものぞいてみることに。
b0061384_2140692.jpg

陶器の美術館。
古伊万里の動物図鑑展だったので、鳥やらウサギやらが出てきて親しみある風情。
こういうていねいな器を見ていると、
いつもの食器も大事に使ってあげなきゃとしみじみ思う。
シャガールにも共通する、古伊万里の赤・青・黄・緑の色味に共感。
b0061384_21363530.jpg

そして中目黒にずっと住んでいたのに、知らなかった郷さくら美術館へ。
それもそのはずで、つい最近できたばかりみたい。

「エトランゼー異国の人々ー」展というこ とで、
ほぼ等身大の大型のキャンバスに描かれる異国の人物を見てると引き込まれそうになる。
目黒川の桜にちなんで、桜の作品のフロアがあって、
それがすごくよかったなあ。
b0061384_21424365.jpg

モダンな建物で中目黒らしい、
こじんまりとしていながらも雰囲気ある美術館だったな。
b0061384_213832.jpg

[PR]
by marikoishikawa | 2014-07-17 17:15 | DIARY-美術館博物館 | Comments(0)