「ほっ」と。キャンペーン
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
石川真理子HP
シンガーソングライター・石川真理子のブログサイト『MARI★COLLE(マリコレ)』へようこそ!日記やライブレポートやライブ情報を掲載しています!(携帯からも閲覧可能です)

石川真理子
オフィシャルサイト
【Songs of Truth】
http://marikoishikawa.com/


3rdアルバム「スモールバード」
2ndアルバム「逆光」
1stアルバム「Let It Be」
Amazonにて
ダウンロード販売中!




MAIL info@marikoishikawa.com

※2010年4月に出産!
ただいま育児に奮闘中♪
カテゴリ
タグ
最新のコメント
>水戸のお父さん! ..
by marikoishikawa at 23:24
この前は勘違いしてしまっ..
by 水戸のお父さん! at 22:22
>水戸のお父さん! ..
by marikoishikawa at 23:51
みーちゃん卒園おめでとう..
by 水戸のお父さん! at 23:36
>へのへのもへじ さん ..
by marikoishikawa at 18:37
>mi2aさん み..
by marikoishikawa at 11:01
きゃ~!なにこの可愛さは..
by mi2a at 17:42
>へのへのもへじ さん ..
by marikoishikawa at 20:08
>へのへのもへじ さん ..
by marikoishikawa at 15:55
>水戸のお父さん! ..
by marikoishikawa at 23:34
ブログパーツ
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2002年 04月
2002年 03月
2002年 02月
2002年 01月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 06月
2001年 05月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
DIARY<2004年7月>
b0061384_17291494.gif


2004/7/2(金) ギブソンのアコギ・コンテスト結果
『GAMA2004』、前期エントリー投票を終了しました!結果は20位でした!
残念ながらセミファイナルのライブ審査には出場なりませんでしたが、
みなさんの投票や曲に対するコメント、ほんとにしみじみありがたく思っております。
できれば後期もエントリーしてみたいなと思っておりますので、
その節はまた応援よろしくお願いいたします!
引き続きレコーディングもがんばります!

2004/7/4(日) レコーディング・レポ
あまりの忙しさに記憶が薄いのでありますが、、、
あっという間に過ぎ去ってしまった、そんな6月。
レコーディングの方はドラムとベース、アコギ、ドブロ・ギター入れまで進みました~。
もちろん、自分で入れた仮ドラムとベースは消去、
ベースは1stシングルでも参加して頂いたやなちゃん、ドラムは妖平くんに、
ちゃんとしたのを入れてもらいました~。(でもバックアップは残っているらしい!?)
アコギのストローク入れは、もう、歯を食いしばってやりとげました。
その姿は、自分でも男前だったと思います!(よく言われる)
また腕の力こぶしが大きくなったような。。。

今回は新しいサウンドを作るべく、プリプロに時間かけたほうだと思います。
そしていろいろ迷いつつも、でも始まってしまったからには後戻りは出来ないのです。
実際の本番の録りは、ディレクション能力が問われます。
何度もやるほど時間がかけられない、この緊張感あふれるスタジオの中での判断、
客観的に冷静に、判断する事の難しさ。「OK」と言う時はとてつもない勇気が要ります。
こうやってレコーディングを一回すると、精神的な面でも自分が成長していくのが分かりますね。
普段の生活でも活きてくるのが分かります。

セルフ・プロデュースで作品を作る事、正直とてつもなくしんどい作業です。
でも以前は果てしない作業だと思っていた事も、
2作目にしてちょっとずつ慣れてきた面もあります。
自分の底力を発見したりします。自分は追い込まれて力を出すタイプみたいです。
毎日反省、日々精進です。

土日で1曲仕上げました。自分にかなりの底力を見ました。
でもこんな底力が出たのも、まわりのミュージシャンや協力してくれる人達から
パワーをもらったからだと思っています。
これで全曲出揃ったかなという感じ。10月はじめくらいに発売できたらと思っています。

2004/7/8(木) 今月の世田谷テレビ
世田谷テレビ「ドレミのおやつ♪~今日のおすすめ」。今月の放送も無事終了!
ゲストの、劇団「ふくふくや」の役者・清水 伸(しみずしん)さんには、
8/10~15日に下北沢「劇」小劇場にて行われる「パラダイス」という舞台のお話を伺いました。
とてもパワフルでオモシロイお話に大笑い!早くも"福"を頂いたような気がします。
そしてシンガーソングライターのモリモトヒデキさんは、
クールな感じを受けながらも柔軟で、こちらもまたパワフルな行動力のある方だなあと感じました。
どちらもとても魅力のあるお二人でした。

2004/7/9(金) バンジョー・ドブロ・マンドリン入れ
この一週間でバンジョー・ドブロ・マンドリン入れまで進みました!
ヤマさんには連日朝10時からスタジオという過酷なスケジュールをこなして、
頑張ってもらいました!
なんといっても楽器三種類、やること三倍ですから、いつもながらほんとに、
よく頭がこんがらがらずにできるものだなあ~と感心してしまいます。
レコーディングの度にちゃんと弦を変えるという周到さ、彼自身もこだわりの姿勢が見えます。
(私のアコギが変えなさすぎ???でも硬い音が好きなので~)

私もバンジョー・ドブロ・マンドリンの録音は初めてなので、
マイキングとかはほんと試行錯誤でしたが、プロデューサー・サトシさんのマイクのミックス具合も耳は確か!
かなりの理想的ないい音で録れたと思ってます!

アコースティックな楽器を録音するということは、すべてはマイキングが勝負ですから、
今回はすごく勉強になったし、そして大変ながらもめっちゃめっちゃ楽しい部分ではありました。
その後はミキサー・エンジニアさんに渡ってイコライジングされたりマスタリングされたりとお化粧されるわけですが、
素材がいい音でとれてないと、美味しい調理も出来ないわけですから。

プロツールスでのハードディスクレコーディングなど、
今は録音するだけしておいて後はなんでも好きなようにできる時代ですが、
今回あえてA-DATアナログテープでのレコーディングにしたという点も、
アコースティックなサウンドを録音するということのコダワリでありチャレンジです。
パンチ・インできるとはいえ、プレイヤーのその場何回かのテイクにいつOKを出すか、
ミュージシャンも作者である私自身も真剣勝負です。
ほんとにこのテイクでOKなのか?あと何回かやればいいものが録れるかもしれないし、
でももっとダメになるかもしれない、そんな中で『もう一回!』と言ったり、OKを出す事の重み。
ライブだとやり逃げて通り過ぎてしまえることでも、レコーディングするとずっと残るわけですから。
ミュージシャンの人は自分自身の理想が高いので、きっといつまでたってもどのテイクを聞いても満足はしないでしょう。
でもそこで作者である私自身がどこを最高としてOK出せるか、
私自身も満足を追求すればキリがないのですが、『現時点での最高』を目指して、
勇気をもって『OK』と言うようにしています。
「ヨイと思いま~す!」と明るく言っているようですが、実はかなり気合入っているのですヨ。

そんな決断のカタマリもそろそろ形になってきました。後はパーカッションとピアノとボーカル、コーラス録りです。
私もどこまで自分に厳しくできるやら。。。

2004/7/19(月) 静岡&那須
先週は一週間で静岡に2泊3日、那須に一泊二日、行って来るというハードスケジュール。いつになくアクテュブなマリコです。
ほんとは基本的に出不精で遊び下手なので、こんなにあちこち行くのは珍しいです。
移動は電車だったり車だったりするのですが、どちらも楽しいですね。
移動しながら音楽聴くのも好きなので、最近購入して大活躍の『i・River』(i・podみたいなヤツ)を持っていき、移動中も楽しんでます。
最近意識的に旅するようにしてますね。旅すると日常がリセットされて不思議と前向きになれます。
毎日同じ日常も、もちろん大切。だけど、環境が違うと考え方も変わります。
凝り固まってしまいがちな考え方を、それだけじゃないんだを思わせてくれるのが旅です。
いくつになっても、やわらかい自分でいたいですね。

2004/7/26(月) ピアノ・パーカッション入れ
そろそろレコーディングも佳境にはいってきました!
ピアノは今回は全6曲中のうち、2曲だけなのですが、そのうち1曲をとり終わりました。
ピアノ録音は夜だったのですが、昼に録音するのと夜に録音するのとじゃ、
やっぱりテンションが違うなあ~と今回あらためて感じました。
ピアノは朝っぱらからって感じでもないので(笑)、夜にやって正解だったと思います。
今回はせんちゃんにお頼みしましたが、ドブロとからむという慣れないサウンドの中で本当によくやってくれたと思います。
はじめのテイクの方こそちょっと緊張気味に見受けられましたが、
数回打ち合わせた後のOKテイクでは、見違えるほどのびのびとプレイしてくれました!
ピアノが入ることによって今まで聞いていたサウンドの雰囲気ががらりと変わるのです。
そういうところがレコーディングして音を作っていると面白いところであり、
作者として嬉しいし楽しいところなのです。
やはりアコースティック・ピアノの音って温かみがあって良いですね~。
アコースティック・ピアノの録音はピッチがずれたりして難しい、とかよく言いますが、
プロデューサーでもありレコーディング・エンジニアでもあり、
そしてなんとピアノの調律師でもあるサトシさんもいるので、耳は確か!
そこはとても安心して録音することができました。

そしてパーカッションはドラムも叩いてくれた妖平くんに、こちらは朝の10時集合で、
一日頑張ってもらいました!ドラムはこちらも全6曲中のうち2曲だけなので、
今回はパーカッションの方が多いのです。
とても大きな、一見怪しげ(!)な黒いバックの中に、
タンバリンやシェーカーやカウベルなどなどをつめて、持ってきてくれました。
全部で4曲分をとったのですねー。スネアが良いのか?コンガが良いのか?とか迷いつつ試しつつ、
タンバリンやシェーカーも2種類の音を比べてこっちの方がよいとか試行錯誤しながらの録音だったので、
何かを録音し忘れてないかが一番心配(笑)。

そしてレコーディングが始まってから出来た一番新しい曲『浅い夜』のベース入れも同時にやっちゃおうと、
同じ日にやなちゃんに登場して頂いてスネアと同時録音したのでした。
実はこの曲のベース・ドラムの一部は、都合上私がレコーディングしたのです(!)
プリプロでは自分で録音してたのでスタジオ卓の操作自体は慣れてはいたものの、
やはりほかのミュージシャンの録音は緊張します。。。
レベルは大丈夫だろうかとか、リミッターはどうだっけ?とか、
もう、はらはらドキドキでした~。
でも自分で録音したと思うと、愛着湧いてくるパートですね。

あと一番面白かったのは、『夢現(ゆめうつつ)』という曲での録音の時。
ノイズ対策のために空調を切っており、冷房ナシのほんわかあたたかーい環境でもあったのですが、
そのうちみんなウトウトとしだし、、、まさに"ゆめうつつ"な世界になってしまったのです!
パーカッションのとり方でみんなの意見が分かれて結構はまってしまったりもしてたのですが、実際みんなとても眠そうで(笑)、
これはまさにこういう眠気を誘うサウンドでよいのではないかと、ついに私がOKを出したのでした~。

ミュージシャンのみんなが集まって録音する時は、それなりにスタジオの雰囲気も楽しいです。"みんなで何かを作っている"という勢い。
自分一人でやっていては得られない、得がたい雰囲気ですね。
もうすぐ形になろうとしています。ここにボーカルをのせるというのはかなり緊張しますね。
みんなに負けないよう、いい歌を歌わねば~と気合入れてます!
[PR]
by marikoishikawa | 2004-07-19 17:28 | DIARY-過去の日記 | Comments(0)